清潔感☆第一印象は見た目が大事

人は思ったよりも見た目に影響されています。

「そんなことはわかっているけれど、これはどうしようもない事で・・・」と思わないでください。ここでいう見た目とは何も映画スターのような外見が誰しもに求められている、という事ではありません。その人から受ける第一印象を大切にしましょう、という意味です。

 

例えば仕事や就職活動の際の面接。

面接の際がうまくいきたいのなら、その場にいる誰しもから、まずいい印象を持って貰いたいのなら、見た目に気を使いましょう。髪形を整えたり、つめを切ったり、といわゆる当たり前、社会人として常識とされている事をしっかりと守るようにしましょう。清潔感を人に与えたいのなら、そのような当たり前を大切にしなければいけません。簡単なように感じますが、出来ていない人もままいるものです。気を付けましょう。

そして振る舞いや行動もとても大切です。

しっかりと人の目を見て話を聞く事、手がダラダラと話をしている時に動かない事、体が不自然に動かない事など、こちらも当たり前とされている事ですが、出来ていない人も沢山います。面接で良い印象を持って貰うためにはまず見た目を整えることと、立ち振る舞いと行動に気を付けることが大切です。

 

ここに面白い話があります。

有名な政治家ほどスピーチの際に舞台俳優の助けを借りている、という事です。舞台俳優は、つまりどのようの自分を演出するか(役に併せて自分を演じられるか)をとても大切にしていますし、その道のプロです。そして自分の演じる役になり切ってセリフを言いますよね。それが役者という仕事です。物の良い方にも良い言い方と悪い言い方と印象に残る言い方、そうでない言い方、とあります。俳優はそれを使い分けて役を演じているわけです。政治家も同じでものの言い方にはとても気を使います。だから印象に残るスピーチをするために時に良い舞台俳優の力を借りるのです。

 

そこまでものの言い方や演じることに力を入れることは日常生活の中ではないかもしれませんが、でも清潔感のある印象を人に与えるためには、時に自分自身を演出することもとても大切なのです。